おウチでケア

NO IMAGE

あなたは毎日の生活でこんな間違いをしていませんか?

お薬を飲んでいるのに…

食事も気をつけているのに…

運動もしているのに…

睡眠時間もとっているのに…

原因不明の不快な症状で悩んでいませんか?

頭痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、手足のしびれや痛み、肌トラブル、動悸、疲労感、過呼吸、不眠、下痢…

 

様々な症状に悩まされてからお医者さんから言われた通り、お薬も飲んで生活を気をつけたのに症状がおさまらずにいました。

『なぜ変わらないの?』を明確にする

あなたの症状は原因不明ではないかもしれません…

内科、脳神経外科、耳鼻科、循環器内科など、さまざまな病院で全身を検査しても、ほとんどの場合が異常が見られません。

「良くなる」と思って受診したのに、検査は異常なし…

 

 

日常にいろいろ異常な症状があるのに、病院で検査してこれといった原因が見つからなかったり、軽く見られてしまうことが多くあります。

 

でもそれは検査で自律神経の働きを正確に調べる検査方法がないためや精神的なストレスはその程度をはからないから見過ごされてしまいがちです。

 

検査で「異常なし」といわれると、周囲の人か「気のせい」「考えすぎ」「大げさ」「怠けている」といわれたり見られたりしてしまうことがあります。

 

自律神経失調症は、検査結果だけで語ることができない病気だということを、多くの方が正しく理解することが必要です。

 

自律神経とはあなたの意志とは無関係に働いてくれている神経です。

消化器・血管・ホルモン分泌など内臓の機能を促進したり抑制し調節をし生命活動を支えてくれています。

身体の状況に応じて意志とは無関係に自動的に働き、つねに身体をベストな状態に保ち続けようと支えてくれる神経です。

暑いときには汗をかいて体温の上昇を抑えてくれたり、食事をしたら胃腸の働きを活発にするホルモンの分泌をコントロールしてくれたり、眠っているときでも呼吸をしてくれています。

 

自律神経のバランスが乱れるといろいろな症状が出てきます。

安静にしているのに、心臓の鼓動が激しくなる、呼吸が浅く息苦しくなる、胃腸の具合がよくないといった、多くの不快な症状を引き起こされます。

 

症状はあなたの弱っている部分に現れやすく、体質的にお腹が弱い人には腹痛や下痢など、肩こりやすい人は慢性的な肩こりや頭痛が起きます。

こうした身体の症状は、実はよくするためのサインです。

あなたの身体のどこが弱っているのかを教えてくれてくれます。

 

このサインに気づかないでいれば、症状をひどくしたり長引かせたり、もしくは新たに他の症状をひきおこしてしまいます。

 

逆にこのサインに気がついて、あなたが

 

身体を上手に刺激すると自律神経は整えられます。

 

自律神経が整うことで、病気を治す力が増したり痛みが良くなったり多くの症状がなくなります。

または、このようなものです。